兩個日文老師一起放大絕的情況下,我只能在家裡乖乖的弄功課了。
這篇文章的題目是【記憶中的一個地方】,還真是有瞎扯到:P


思い出の中の所

高校生のころ、私は環境科学研究社の社員だった。毎年の夏休みには環科社の伝統として、高2の先輩たちは一緒に自然科学についてツアーを計画して、後輩をつれて、旅行に行っていた。私もその伝統に従って、旅行のプランを設計した。

旅行の目的地は新竹の内湾で、二泊三日の旅だった。朝の日程は内湾の人文的な部分を見物し、夜は自然的な部分の研究だった。私は一日目の夜の活動設計者で、星の観測と蛍の観察を予定した。一日目の朝の日程は隙がないので、夜になると、社員も先生もくたくたした。後輩はほぼ疲れすぎて、民宿に休むと決めた。夜の日程はただ同級生と先生一緒に行きました。

観察地は内湾小学校の後山だった。内湾は純粋な田舎なので、汚染は少なくて、いろいろな昆虫がいた。もちろん一番見たい蛍も見た。蛍は飛んでいる星みたい、私たちの周りに踊れていた。まるで蛍のお祭りのように、活発していた。そんなの華やがで美しい景色は私の思い出の中の所として、一生に忘れない。

yaunya 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()